咬合挙上版  四日市市,桑名市,いなべ市菰野町,東員町

  1. トップページ
  2. 矯正歯科コラム
  3. 矯正歯科コラム
  4. 咬合挙上版  四日市市,桑名市,いなべ市菰野町,東員町

咬合挙上板とは、混合歯列期の過蓋咬合に適応される可撤式床装置であり咀嚼筋の機能力を矯正力として利用する機能的矯正装置である。

a)基本構成

基本構成は、唇側戦,挙上板付きのレジン床およびクラスプである。

1)唇側線は、直径0.9mmの矯正用線を用いる。

2)下顎前歯が咬合するレジン床部は、水平になっている。

 

3)クラスプは臼歯部に単純こうやアダムスのクラスプを用いる。

b)適応症

混合歯列期の過蓋咬合

c)作用機序

臼歯の挺出と下顎切歯のわずかな圧下により,オーバーバイトが減少し,咬合が挙上する。

1)上顎に咬合挙上板を装着し噛み込んだ状態でも,臼歯部は、離開し,徐々に挺出する。

2)下顎切歯の切縁は、レジン床の水平部に咬合し,咀嚼力により下顎切歯は、圧下する。

d)調整

唇側線と切歯唇面の適合が低下した場合にはループを調整し、適正な接触状態にする。

1)ヤングのプライヤーを用いて,ループの幅を狭くする。

2)左右側のループの幅を狭くすると、唇側線が切歯側に垂れ下がる。

3)ヤングのプライヤーを用いて,垂れ下がった唇側線を歯頚側に戻す。

e)使用上の注意事項

1)食事と口腔清掃時を除いて1日中装着する。

2)撤去は後方のクラスプから行う。

3)食事の際に撤去した咬合挙上板は、収納ケースに保管する。

4)口腔清掃時に咬合挙上版も清掃する。

矯正治療の詳しい料金についてはこちら

 

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科矯正歯科.All Rights reserved.