Column

歯を抜いて治療することはありますか。 木曽岬町、朝日町、川越町、弥富市、東近江市,津市、鈴鹿市、亀山市、東員町、菰野町

A)矯正歯科治療では、歯を抜いて治療する事があります。

矯正歯科治療では永久歯を抜いて治療することがあります。特に日本人は、歯と顎の大きさが不調和であることが多く、歯並びがデコボコしている乱杭歯(叢生)が多く認められる為、治療の際に抜歯が必要になることが多くあります。

抜歯の必要性、抜く歯の本数、抜く歯の種類などは、経験のある矯正歯科医師が、適切な審査、診断に基づいて慎重に決定します。また、歯を抜かないで行う治療は、歯を抜いて行う治療と同様、あるいはそれ以上に慎重な判断が必要とされます。無理な非抜歯治療は、歯や歯周組織にダメージを与えるばかりでなく、噛み合わせや口元のバランスが、かえって治療前よりも悪化することがあるからです。

B)非抜歯治療について

抜歯治療と非抜歯治療のどちらが適応であるかは、頭部X線規格写真(頭のレントゲン写真)と歯型を含む精密検査と、経験のある矯正歯科医師の慎重な診断によって判断されます。勿論一度抜いてしまった歯は、もとに戻すことが出来ない為、安易に抜歯を行うべきではありません。かといって、無理に非抜歯治療を行っても良好な治療結果を得られないばかりか、歯根や歯槽骨にも大きなダメージを与えることになってしまいます。歯を抜く治療が必要な患者さんに無理に歯を抜かない治療で対応すると、歯や歯周組織への影響ばかりでなく、前歯が前方に突出した噛み合わせになり、口元の前突や唇の閉鎖不全を起こします。さらに、治療後の安定性が悪く後戻りしやすいことも報告されています。歯を抜くことに不利益はありません。むしろ、顎骨に見合った一回り小さい歯列で噛み合わせを作る方が良好な治療結果が得られ、長期安定しやすい噛み合わせを獲得できます。歯を抜く、抜かないに関しても、治療前に矯正歯科医師から十分な説明を受けることが大切です。

C)非抜歯治療で気をつけたいこと

矯正治療に際して、抜歯が必要か否かは患者さんご本人にとっても、また保護者にとっても最も関心が高く、またできれば抜歯は、避けたいと思っている人が多いでしょう。近年、新しい治療法や装置を用いることにより、本来なら抜歯が必要と診断されたとしても、抜歯をしないで治療が可能だとする記載がインターネット上などに多々見られます。矯正歯科の専門教育研修を受けた経験豊富な矯正歯科医師は、無謀な非抜歯に対して懸念を持っており、また実際に、無理な非抜歯治療により、歯並びや噛み合わせが治らないばかりか、むしろ悪くなってしまっている患者さんもいます。そこで非抜歯の治療方針が示された際には以下の点を確認すると良いでしょう。

1)上下全ての歯(28本)がきちんと並ぶのか。

2)噛み合わせも治り、安定するのか。

3)治療終了後の歯並びや噛み合わせが長期間安定するのか。

4)治療終了後の歯並びや噛み合わせが長期間安定するのか。

5)歯肉や歯槽骨、また歯根への悪影響はないのか。

6)治療途中で抜歯への治療方針の変更はあるのか。

いずれにしても、歯並びや噛み合わせがかなり悪い場合、またたの矯正歯科医師から抜歯が必要と診断された場合には、慎重に判断する事が大切です。

戻る