Column

不正咬合と遺伝との関係  四日市市、桑名市、弥富市、いなべ市,鈴鹿市、東近江市,津市、菰野町、東員町

A)不正咬合は、遺伝子による遺伝的要因と、胎生期の環境、出生後の物理的、化学的環境、社会的環境などの環境的要因により発生すると考えられています。多くの因子が複雑に関連する多因子疾患であるため、明瞭な原因を特定できない事も多いのです。原因遺伝子が特定されている疾患による不正咬合は遺伝と言えますが、ごく僅かです。したがって、不正咬合やその程度が、親から子供にどの程度遺伝するかは、明確ではありません。

B)歯並びや噛み合わせの問題を後天的に起こす原因として、乳歯や永久歯を虫歯やケガで失う事が有ります。乳歯が永久歯へ生え変る時期より早く失われると、その後から生えてくる永久歯のスペースが失われ、将来歯並びや、顎の成長にも悪影響を与える可能性があります。その為乳歯であっても、虫歯にならないように予防に努め、また虫歯があれば早期に適切な処置を行う必要があります。あります。また、指しゃぶりなどの癖やも歯並びや噛み合わせに大きな問題を起こす原因になります。特に特に4,5歳を過ぎても続く指しゃぶりや、舌を上下の前歯の間に突き出す癖は、いわゆる出っ歯や前歯が、噛み合わない開咬の原因になります。子供に噛み合わせに関係すると思われる癖がある場合は、歯科医師に相談し、癖を治す方法や時期に関してアドバイスを受けると問いでしょう。

 

戻る