Column

Hawleyタイプのリテーナー  四日市市、桑名市、いなべ市、東近江市,鈴鹿市、津市、亀山市、菰野町、東員町

HaweleyタイプのリテーナーとはHawleyによって考案された可撤式保定装置です。唇側線が犬歯遠心を通りセクショナルブラケット装置による切歯の排列後に用いるHawleyタイプリテーナーでは、唇側線が側切歯遠心を通ります。切歯の唇面が唇側線、舌面がレジン床と密接しているので、切歯の保定に極めて有効です。前歯部の叢生への後戻りを防止するのに有効です。

1)基本構成

基本構成は、唇側線、クラスプ、レジン床である。

A)唇側線

直径0.9mmの矯正用線を用い唇側線に単純こうを蝋着することもある。

B)クラスプ

単純こう、ボールクラスプ、Adamsのクラスプなど種々なクラスプが臼歯部に用いられる。

C)レジン床

レジン床は、歯の舌面と緊密に接する。

2)適応症

a)本格的矯正治療後の小臼歯非抜歯症例

b)側方歯群の交換期でない切歯排列症例

3)作用機序

a)切歯に密接している唇側線とレジン床が前歯部の叢生への後戻りを防止する。

b)臼歯に密接しているレジン床が臼歯間幅径の減少を防止する。

4)調整

唇側線と切歯唇面の密着性が低下した場合には、ループを調整して適正な接触状態にする。

a)youngのプライヤーを用いて、ループの幅を狭くする。

b)左右側のループの幅を狭くすると、唇側線が切縁側に垂れ下がる。

c)youngのプライヤーを用いて、垂れ下がった唇側線を歯頸側に戻す。

5)使用上の注意事項

(1)マルチブラケット治療後のHawleyタイプリテーナー

a)原則保定期間は約2年間です。

b)食事とブラッシング時を除いて装着する。

c)保定開始から6ヶ月程度は1ヶ月に1回調整する。

d)唇側線の蜜接性が、低下しないで、咬合が安定している場合には、保定開始6ヶ月程度から調整を2,3ヶ月に1回程度にする。

e)保定開始1年後に装着を夜間だけにする。

f)保定開始2年後に保定を終了する。

(2)撤去したHawleyタイプリテーナーは収納ケースに保管する。

(3)口腔清掃時にHawleyタイプリテーナーも清掃する。

(4)着脱時には唇側線を引っ張って変形させない。

(5)撤去は、後方のクラスプや唇側線のループから行う。

 

戻る