blog

成長期にある子供でなければ、一般的に言って誰にも手術は可能です。高齢者の方でも元気な方であれば可能です。

生活習慣病と言われる高血圧症や糖尿病、心臓疾患、脳血管障害、肝機能障害、女性に多い骨粗鬆症、リウマチなど、病気が悪化している時や症状が出現している時は、埋入手術は、避けてください。

もし、これらの生活習慣病などで、内科医に受診中(投薬を受けている)であっても、症状が安定していれば可能です。

ただし、心臓病などで血液凝固遅延剤(血液をサラサラにする薬)を服用中の場合は、手術中出血が止まりませんので、投薬を受けている医師に相談して、投薬を中止する場合もあります。

尚喫煙者は禁煙者に比べ、生活習慣病のリスクが高いので、統計的にインプラント 手術および治療後の経過(予後)に悪い影響を及ぼすと言われております。

 

一覧へ戻る