blog

インプラントの手術は、そのほとんどが部分的な麻酔で安全に行われます。術後の止血処置は、完全に行われますし、腫れや痛みも鎮痛剤や抗生剤を飲むことによりコントロール出来ます。

多くの患者さんは抜歯した時より楽だったと言われます。

ただしインプラントの植え込み本数が多い場合や骨移植を受けた場合は生体の反応として腫れたり、痺れが生じますが、抗生剤や鎮痛剤の投与、点滴処置などを受けることにより、手術創は、約1週間でほとんど治癒し、その間食事など日常生活に支障をきたすことはありません。

 

一覧へ戻る