blog

歯がしみる知覚過敏症は,エナメル質が消失したり、象牙質が露出する事で、症状が表れます。今までは何でもなかったのに、冷たいものを飲んだり、歯ブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで歯がしみる症状が出たら、それはまさに知覚過敏です。その原因には、歯周病やその治療、歯磨き粉と歯ブラシで力まかせにゴシゴシとブラッシングをすることで、エナメル質がすり減ったり、歯ぐきが退縮する事などがあります。象牙質の表面には象牙細管という細い管が通っていて、この奥にある神経へ刺激が伝わって、しみたり痛みを感じたりするのです。また歯の漂白によってエナメル質に隙間ができ、それが象牙質まで達する事で象牙質が露出する場合もあります。その他、酸性の飲食物によるエナメル質の消失や歯ぎしりや歯のくいしばりによってエナメル質が磨り減る事が原因となる場合などもあります。エナメル質が欠けるなどしてして失われたり、歯ぐきが歯周病によって、本来ある位置より下がってしまったりすると、象牙質が表に出てきてしまい、そこからしみたり痛みが発生するのです。治療方法は歯科医院で知覚過敏抑制剤を2,3回塗布してもらう事更にシミテクトの様な知覚過敏抑制効果を持った歯磨き粉などを併用すると更に良いと思います。

 

一覧へ戻る