blog

 

つまようじは、歯肉を傷つけないという条件でなら使っても良いでしょう。ただし,歯や歯ぐきをゴシゴシこすると,虫歯の元になる細菌や小さな食べかすなどを,歯と歯の間の奥まったところに詰まらせてしまうことにもなるので,注意が必要です。

歯と歯がついているところを隣接面といい,ここは虫歯が最もできやすい所の一つです。デンタルフロスとは、この隣接面の歯垢(プラーク)を取り除く細い糸の事を言います。この部分はデンタルフロスでしか綺麗に出来ません。歯ブラシは届かないからです。どれだけ歯磨きをしても,歯垢除去率は、全体の58%ほどですが,デンタルフロスを使うことでそれが86%くらいまでアップします。歯ブラシは,歯の表面の汚れを取るには適していますが,歯と歯の隙間の汚れを落とすには、充分と言えません。

そこで,隙間専用の歯間ブラシがあります。歯間ブラシを使う場所は、歯の側面ではなく,歯と歯の根元の隙間や,歯と歯の根元の隙間や,歯と歯の間が開いた場所です。自分の口の中の状況に合ったものを使って,歯と歯肉を長生きさせましょう。

歯間ブラシのサイズ

初めて使う人,歯ぐきの退縮がほとんどない  SSS

歯ぐきの退縮がややある   SS,S

歯ぐきの退縮がある,ブリッジを装着している   M,L

 

 

一覧へ戻る