10代からの歯周病予防  四日市市,桑名市,いなべ市,菰野町, ,東員町

  1. トップページ
  2. ブログ一覧
  3. 歯周病治療
  4. 10代からの歯周病予防  四日市市,桑名市,いなべ市,菰野町, ,東員町

歯周病は、歯を支えている顎の骨が溶けてしまうという怖い病気です。統計によると,35歳以上で80%以上の人が歯周病になっています。けれども,35歳になって突然歯周病になるわけではありません。実は10代から少しずつ進行していき,20年近い歳月をかけて歯肉をジワジワとゆっくり侵します。そして歯ぐきから出血するなどの自覚症状が出る30代の頃には,歯肉炎や歯周病になっているのです。歯周病は虫歯と違ってほとんど痛みがない為,気が付いた時には抜歯することになってしまいます。実は歯を失う原因の第一は歯周病なのです。本来,骨が一度溶けてしまうと元には戻りません。そして歯槽膿漏になってしまうと,自分では気付かないうちに,強烈な口臭で周りに不快感を与えます。また歯周病は、歯を失うだけでなく色々な病気との関連性が多数報告されています。ですから,永久歯が生え揃う10代からの歯磨きとケアがとても重要なのです。今自覚している症状がないと,なかなか歯医者さんへはいかないものです。しかし日常のケアをしっかりするための大切なパートナーが歯科医なのです。内科など検診と同様に、歯の検診も定期的に受けることが基本です。また歯科検診を受けることで,新しいお医者さんを発見するかしれません。あえて従来とは違う歯科医を訪ねてみるにもいい機会ではないでしょうか。

 

 

一覧へ戻る

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科矯正歯科.All Rights reserved.