blog

唾液は、口の中の汚れを洗い流す大切な役割を果たしています。その為,唾液の分泌量が少なくなると,口の中が汚れやすくなったり,虫歯になったり,口臭が出たりするのです。また飲食した後は口の中が酸性になりやすいのですが,酸性の状態が長時間続くと,歯が溶けて虫歯になってしまいます。そこで唾液に含まれる成分が、口の中を中性に保とうと働きます。唾液の持つ性質によって口の中を早く中性に戻す事で,歯が溶けて虫歯になるのを防ぎます。つまり,中性に戻す能力が低い人の唾液の人は,虫歯になりやすいです。さらに虫歯菌が酸を出す事で,歯のカルシュウムやミネラルやミネラルを歯に補充し,修復する働きがあります。つまり,唾液は酸によって溶けた歯を修復するのです。これを再石灰化といい,この作用が弱い人は、虫歯になりやすいと言えるでしょう。

 

一覧へ戻る