上顎前方牽引装置

  1. トップページ
  2. 矯正歯科コラム
  3. 矯正歯科コラム
  4. 上顎前方牽引装置

1)概略

a)成長期の上顎に顎整形力を発揮し上顎複合体の縫合性成長を促進する顎外固定装置である。

b)上顎複合体の前方成長を促進する。

c)下顎骨の成長抑制も可能である

d)可撤式可撤式矯正装置であり、間歇的な強制力な矯正力をを発揮する。

A)基本構成

a)口腔外装置

b)口腔内装置

c)エラスティック

1)口腔口腔外装置と口腔内装置を連結し上顎を前方に牽引する。

2)口腔内装置は大臼歯部あるいは犬歯部のフックから牽引される。

3)大臼歯部から牽引すると固定第一大臼歯が提出し、オーバーバイトが減少する。

4)牽引方向は、上顎咬合平面と平行である。

5)エラスティックの牽引力は、400g程度である。

 

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.