神経までいった虫歯の治療(根っ子の治療)

  1. トップページ
  2. ブログ一覧
  3. 虫歯治療
  4. 神経までいった虫歯の治療(根っ子の治療)

前回の虫歯治療のお話は神経までいっていない小さな虫歯のお話でしたが今回は神経まで行ってしまった比較的大きな虫歯のお話です。この様な歯は神経の治療を行います。大きく分けると生きている神経の歯の治療と死んでいる歯の神経の治療に大別されます。生きている歯の治療は抜髄と言い所謂神経を取るという事です。麻酔を行いレントゲンと根っ子の長さを測る機械で正確な歯根の長さを確定しリーマーという針のような機械で確定した長さで細いリーマーから太いリーマーまで順次神経の入っていた根管を一定の太さまで開けます。その後根充という作業を行います。根充は太く開けた神経の入っていた根管にガッタパーチャというという根充剤をシーラーというお薬と一緒に根っ子の先まで正確に入れます。これで生きている神経の根っ子の治療は終了です。死んでいる神経の治療の手順も基本は生きている神経の治療と一緒ですが死んでいる神経は多分に感染を起こしている神経が多い為神経の管の拡大をした後根管を数回にわたって消毒をした後先ほど述べた根充を行いこれで死んだ神経の治療は終了です。生きた神経の治療も死んだ神経の治療のポイントは根充剤を根っ子の先まで入れる事です。

 

一覧へ戻る

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.