クワドヘリックス

  1. トップページ
  2. 矯正歯科コラム
  3. 矯正歯科コラム
  4. クワドヘリックス

解説

1)四角形の隅に4つ(クワド)のヘリックスを屈曲したワイヤーを有する上顎歯列弓の緩徐拡大装置である。

2)狭窄している上顎歯列弓を前方あるいは、前方へ拡大する。

3)拡大は、グラム単位の力で数ヶ月から数年にわたって徐徐に行う。

4)持続的な矯正力を発揮し、歯は、傾斜移動を行う。

5)正中口蓋縫合のの離介も可能であり、急速拡大の作用も有する。

6)装着様式により、固定式と可撤式がある。

7)固定式,可撤式にかかわらず歯科医師が着脱する。

8)拡大する場所により側方拡大用と側方前方拡大用に分類される。

(1)基本構成

基本構成は、ワイヤー、維持バンド維持装置である。

A)ワイヤー

a)四角形の四隅にワイヤーがある。

b)ヘリックス,ブリッジ,アンテリアアームからなる。

c)ワイヤーは、バンドに直接鑞着されたり維持装置を介して連結されたりする。

d)直径0.7mmあるいは0.9mm矯正用線が使用される。

B)維持バンド

a)一般に維持バンドは、第一大臼歯に装着される。

b)乳歯列では、維持バンドが第二乳臼歯に装着される。

c)維持バンドには、ワイヤーあるいは維持装置が鑞着される。

C)維持装置

a)維持装置は、主線を維持バンドに連結する装置である。

b)維持装置により主線の着脱が可能に

なる。

c)代表的な維持装置には、STロックやリンガルシースがある。

(2)適応症

クワドヘリックスは、hellmanの歯齢3Aから4Aまでの適応が効果的である。第二大臼歯が萌出を完了をしているばあいには、第一大臼歯の近心舌側回転の改善が困難になる。

a)乳歯列期,混合歯列期の歯槽性、機能性交叉咬合

b)乳歯列期、混合歯列期の骨格性交叉咬合

c)上顎歯列弓の狭窄

d)歯と顎の大きさの不調和

e)上顎第一大臼歯の近心舌側回転(捻転)

(3)作用機序

クワドヘリックスでは、まず、上顎第一大臼歯の回転(捻転)を改善しついで、上顎歯列弓の側方拡大と前方拡大を行う。必要に応じて、上顎歯列弓の側方、前方拡大中に上顎大臼歯の歯根を頬側に回転する。

A第一大臼歯回転(捻転)の改善

a)不正咬合では、第一大臼歯が近心舌側回転(遠心頬側回転)していることが多い。

b)上顎歯列弓を側方、前方拡大する前に、上顎第一大臼歯の近心舌側回転(捻転)を改善する。

c)すなわち上顎第一大臼歯を近心頬側回転(遠心舌側回転)させる。

d)この回転は、2級咬合を1級咬合にすることが可能であり,歯列弓長を増加する。

B)上顎歯列弓の側方拡大

a)上顎第一大臼歯の回転(捻転)が改善した後に、上顎歯列弓の側方拡大を行う。

b)後方歯から前方歯へ、アンテリアアームを接触させ、後方歯から側方拡大する。

C)上顎歯列弓の前方拡大と第一大臼歯の歯根頬側回転

a)上顎歯列弓の側方拡大後に、切歯にアンテリアアームを接触させ、上顎歯列弓を前方拡大する。

b)上顎歯列弓の側方拡大中に上顎第一大臼歯の歯冠が頬側へ回転し,舌側

咬頭が挺出する事がある。

c)上顎第一大臼歯の歯根を頬側に回転して、第一大臼歯歯冠の頬側回転を改善する。

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.