Nanceのホールディングアーチ

  1. トップページ
  2. 矯正歯科コラム
  3. 矯正歯科コラム
  4. Nanceのホールディングアーチ

(解説)

1)Nanceによって考案された器械的矯正装置である。

2)矯正力の固定源を第一大臼歯だけでなく、レシンを介して口腔粘膜にも求めている。

3)顎内固定装置である。

(1)基本構成

A)維持バンド

通常、維持バンドは、第一大臼歯に装着され、主線が鑞着される。

B主線

1)主線には直径0.9mmあるいは1mmの矯正用線が使用される。

2)レジンボタンを維持する為に、ループが主線の正中部に屈曲される。

3)主線が大臼歯の近心から鑞着されるタイプと遠心から鑞着されるタイプ(リバースタイプ)がある。

4)リバースタイプでは、主線にループやヘリックスが屈曲される。

5)この屈曲が維持歯の近心側頬側回転や多少の拡大を容易にする。

Cレジンボタン

切歯乳頭から口蓋中央部にかけての口蓋粘膜に接するレジンである。

(2)適応症

1)加強固定 マルチブラケット装置と併用して、第一大臼歯の近心移動を防止する。大一大臼歯の近心舌側回転の改善やわずかな拡大も行われる。

2)保隙装置として

(3)作用機序

1)左右の維持歯が連結させる事によることによる加強固定とレジン部による粘膜維持である。

(2)ループやヘリックスの活性化により、維持歯の近心頬側回転や多少の拡大を行う。

(4)調整

維持歯の近心頬側回転や多少の拡大を行う為にリバースタイプではループやヘリックスを調整する。

1)不正咬合では上顎第一大臼歯が近心舌側回転している事が多い。

2)youngプライヤーでループやヘリックス部を把持し第一大臼歯が近心頬側回転するように主線を遠心側に屈曲する。

3)この調整ではバンドの頬側面と正中矢状面が並行になる。

(5)使用上の注意

1)レジンボタン部の口蓋粘膜部が不潔になり、炎症を起こしやすい。

2)矯正力による第一大臼歯の近心移動は、口蓋粘膜を圧迫し、炎症を増悪する。

3)ホールディングアーチは適宜撤去し、口蓋粘膜を診療,清掃する。

4)バンドの歯頚側の清掃を十分にする。

 

 

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.