タングクリブ

  1. トップページ
  2. 矯正歯科コラム
  3. 矯正歯科コラム
  4. タングクリブ

概説

1)舌突出壁や母指吸引壁を除去する装置である。

2)装置様式により、固定式と可撤式がある。

3)固定式では、舌側弧線装置の主線にU時型やI字型のワイヤーを鑞着したり、U字型のループを屈曲したりする。

4)可撤式では、床矯正装置の、前方部にクリブを装着する。

(1)基本構成

舌側弧線装置を応用したタングクリブの基本構成は、維持バンド,主線およびクリブである。

A)維持バンド

通常維持バンドは、第一大臼歯に装着され主線が鑞着される。

B)主線.クリブ

a)主線には直径0.9mmあるいは1mmの矯正用線が使用される。

b)クリブが主線の正中部に鑞着あるいは屈曲される。

c)クリブは口腔前庭に向かって凸にカーブする。

(2)適応症

a)舌突出癖や母指吸引癖の除去

b)舌突出癖や母指吸引癖に起因した歯槽性開咬の改善

(3)作用機序

a)舌突出癖や母指吸引癖の除去は、上下前歯の萌出を促進し、前歯部歯槽突起の垂直的な成長抑制や変形を改善する。

b)舌突出癖で唇側傾斜した上下顎前歯を整直する。

c)母指吸引癖で唇側傾斜した上顎前歯と舌側傾斜した下顎切歯を整直する。

d)口腔前庭への舌の突出を防止するばかりか安静時の舌位や機能時の舌の行動型を改善する.

(4)調整

a)パッシブな矯正装置であり。調整はほとんど必要ない。

b)クリブが下顎切歯の基底結節と接触した場合には、口腔前庭に向かって凸に成る様にクリブを屈曲する。

(5)使用上の注意

a)タングクリブは、かなりストレスに成るので使用に際してはあらかじめ十分な説明と同意が必要である。

b)クリブの圧痕が舌に着く

c)口腔清掃時にタングクリブも清掃する。

d)舌側弧線装置にクリブを鑞着するタイプでは、強い舌圧でクリブが脱落し誤飲、誤嚥する可能性がある。

 

 

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.