(基礎知識)

1)拡大ネジを用いて、歯列弓を拡大する可撤式矯正装置である。

2)適用期間が比較的長い緩徐拡大装置である。

3)拡大はグラム単位の力で数ヶ月から数年にわたり徐徐に行う。

4)持続的な矯正力を発揮し、歯は傾斜移動する。

5)歯列拡大の目的は狭窄歯列弓の改善や歯の歯列スペースの改善である。

6)狭窄歯列弓の改善を目的として歯列弓の側方拡大を行う。

7)歯の排列スペースの獲得を目的として、歯列弓の側方拡大、前方拡大、および後方拡大を行う。

8)床拡大装置には、歯列全体を拡大するのではなく、主に前歯部を扇状に拡大するファンタイプがある。

9)顎整形力を発揮して、列成長な上顎を前方、側方に拡大し、その成長を促進するサジタルアプライアンスがある。

A)基本構成

基本構成は、レジン床を維持するクラスプ、歯列弓を拡大する拡大ネジおよび唇側線である。

B)適応症

主に乳歯列、混合歯列に適応されるが永久歯列にも用いられる。

(1)歯槽性,機能性交叉咬合

(2)狭窄歯列

(3)歯槽性、機能性反対咬合

(4)歯と顎の大きさの不調和

C)調整

(1)食事と口腔清掃時を除いて、一日中装着する床拡大装置は、拡大ネジを一週間に1から2回、1/4回転(0.2mm)拡大する。

(2)夜間就寝時に装着する床拡大装置は、拡大ネジを2から4週間に1回、1/4回転(0.2mm)拡大する。

D)使用上の注意事項

(1)可撤式矯正装置であり、患者の協力が必要である。

(2)レジン床の粘膜面が不潔になる。

(3)拡大終了時は、拡大ネジをレジンで固定し保定装置として利用する。

 

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.