ヘッドギアは、上顎の骨格的なコントロールや大臼歯の位置のコントロールに用いられる装置です。骨格的な上顎前突(出っ歯)すなわち上顎が大きすぎるために出っ歯の骨格になっている場合には、ヘッドギアで上下の顎の位置をコントロールして、上顎の成長抑制を行う事があります。上顎の成長抑制のほかに骨格的なものではない、歯並びそのものの出っ歯の場合にも、成長期のうちから、ヘッドギアで上顎の奥歯を後方に動かしたり、歯並び全体を下げる治療を行う場合もあります。この他歯列全体の矯正で、上の前歯を大きく後退させる必要がある時にブラケットをワイヤーを使用するマルチブラケット法とヘッドギアの装着を併用して治療する事があります。ヘッドギアには、ハイプルタイプとサービカルタイプがあり目的とする力の方向によって使い分けています。

A)ヘッドギアの構造について。

ハイプルヘッドギアは、上の奥歯(第一大臼歯)に歯科用セメントで接着したバンドの横にあるチューブに通すフェイスボウ、フェイスボウと頭をつなぐヘッドキャップからなっています。サービカルヘッドギアの場合は、ヘッドキャップの代わりにフェイスボウと首とをつなぐネックバンドとストラップがあります。ヘッドギアの装着法はまず上の奥歯に装着した固定式の装置(バンド)と、太いワイヤーで出来たフェイスボウをつなげます。その後ハイプルタイプではフェイスボウを頭部の帽子の様な装置ヘッドキャップに装着して牽引します。サービカルタイプでは首の部分にかける装置ネックストラップに装着して牽引します。なおフェイスボウは、取り外すことができますが奥歯につけたバンドは取り外す事が出来ません。

B)ヘッドギアを使用する際の注意事項

上顎の奥歯にバンドが付いてます。それにフェイスボウをいれてリリースで引っ張る事で出っ歯を治して行きます。装着時間は、12時間を目標に毎日装着して下さい。

就寝時間だけでは12時間は大変だと思いますので、宿題をしている時、テレビを見ている時等を利用して下さい。連続で12時間でなく、トータルで結構です。

1)最初は、装着するのが難しいと思いますので保護者の方が装着のお手伝いをして上げて下さい。慣れてくれば一人でできるようになります。

2)効果的に力を加えるためにフェイスボウを通す穴の位置を決めてマーカーで印を付けています。この印の位置は、治療の進行に伴って変わる事があります。毎回歯科医師がチェックしてマーカーの位置を決めてますので、指示に従って下さい。

3)最初は装置が気持ち悪くて寝ている間に無意識に装置を取ってしまい

朝起きたら装置が外れている事があります。慣れてくればその様な事は無くなりますので無くなりますので毎日装着して下さい。

4)バンドは、最終的には、外さないといけないので強力なセメントでは装着していません。フェイスボウの着脱の時に無理な力が加わったり、就寝時に顔の向きにによって強い力がバンドに加わる事があると、徐徐にゆるんできて取れる事があります。取れてしまったら再装着しますのでお電話下さい.その際取れたバンドもご持参ください。

5)毎回、装置の調整を行いますので装置を忘れない様お願いします。

6)力を入れてリリースを引っ張った時外れるときがあります。その場合は再度はめていただいたら大丈夫です。

7)ヘッドキャップまたはネックストラップを現れる場合は、リリースを外して手荒いでお願いします。

診療予約はこちらから

当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

0594-76-2224

診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:00

WEB診療予約はこちら

ページトップ

Copyright © 大長歯科.All Rights reserved.